収入証明書がなくても即日キャッシングは可能

キャッシングの申し込みでは、本人確認書類と収入証明書とを提出することが一般的となっています。本確認書類は、キャッシングの申し込みが第三者による不正ではないことを証明するために必要となります。そして収入証明書は、借り入れしたお金の返済に困らない程度の収入があることを示すために、提出するのです。

本人確認書類とは具体的には、住所氏名を確認できる運転免許証や健康保険証などです。収入証明書は、数ヶ月分の給料明細書や源泉徴収票などです。

これらがそろっていれば、申し込みの時間帯にもよりますが、消費者金融では即日キャッシングが可能となります。しかし運転免許証や健康保険証はともかく、給料明細書や源泉徴収票を日頃から持ち歩いている人はあまりいません。つまり出先でお金が必要になった場合には、いったん自宅にそれを取りに戻らなければならないということです。

ところが消費者金融の中には、50万円未満の借り入れなら収入証明書の提出を不要としているところもあります。そこで申し込みをすれば、出先から取りに戻ることなく、お金を借り入れできる可能性があります。

ただし、他社からの借り入れ金額との合計が100万円を超える場合は、収入証明書の提出が求められます。そのためこの場合は、100万円を超えないよう調節することが大事です。他社から70万円を借りている場合は、30万円未満の借り入れにするといった具合です。