キャッシングの限度額は利用者の年収に比例している

消費者金融会社で融資を受ける場合、限度額までしか借入を出来ない事になっています。この限度額は、消費者金融会社が過去の利用者の返済状況や貸金業法の総量規制といった要素から利用者の年収に合わせて決定します。つまり、年収が高いという事は限度額も高いという事です。

年収が低い利用者でも、借入と返済を確実に行っていく事で実績ができ、増額という形で限度額を増やしてもらえる仕組みが消費者金融会社で用意されています。キャッシングの借り入れは、限度額いっぱいまで一度に借りたり、少額を何度も借りたりといった事が出来るようになっています。利用者の借り入れしたお金の使い途が特に限定されていませんが、目的別ローンのような使い方であれば、キャッシングよりも目的別ローンの方が使い易いケースが多いです。