キャッシング本人確認で代行会社を使ったら

キャッシングの本人確認で勤務先に在籍確認されるのは面倒臭いですよね。年収も調べられて気分は良く無いし、代行会社を使ってみたらどうなるだろうと思った事ありませんか。キャッシングで代行会社を使うとどうなるか検証していきます。

1.代行会社とは

代行会社とは勤務をしているかの様に装ってくれるアリバイ会社の事を言います。主に夜の仕事をしている女性が家族にバレない様に使うニーズがある様です。業者によっては偽の所得証明書を作ってくれる所もあり、アリバイ工作のプロと言えます。

2.基本はバレる

アリバイ工作の会社の名前はキャッシング業者には知れ渡ってますので、代行会社の使用はすぐばれます。

3.詐欺罪が成立する

万が一代行会社の使用がばれなかった場合で融資をされ、その融資の返済ができなかった場合は業者を欺いて金銭を騙し取ったとされ、詐欺罪が成立します。実態に詐欺罪で逮捕事例もあります。

4.騙し取った金額は自己破産出来ない

少し悪質な業者の中には、代行会社を使っていると知りつつ、逆に利用するため融資する場合があります。というのも、申告で欺いて融資させた場合は自己破産の免責は認められないからです。契約を無くす事は出来ず、半永久的に金利を払い続けないといけません。

本人確認の情報を偽る事は詐欺罪に問われますので、絶対にしない様にしましょう。