キャッシング審査の落とし穴!審査だけでも個人信用情報機関に情報が・・・

キャッシングやカードローンの審査において、多くの方が金融ブラックという状況を気にします。そもそも、金融ブラック=ブラックリストということになりますが、事実上はそのようなものはなく、個人信用情報機関の保有する情報がそれに該当するということになります。ただし、過去に支払遅延などの金融事故を発生させていた場合、各金融機関および消費者金融にそれらの情報が保管されています。

さて、問題なのはカードローンやクレジットカードのキャッシング枠を契約する際に問題となる審査です。そもそも、他の借り入れ金額および返済状況に問題がなければ、審査不通過になる可能性は低くなります。

しかし、多数の消費者金融やクレジット会社のキャッシング契約を申し込み審査NGとなることは、与信情報や収入によるものだけでなく、審査の申し込み状況も問題となります。そもそも、個人信用情報機関には照会情報も記録されるため、このスパンが短いほど審査通過の障害となり得ます。