おまとめローンを利用する二つのメリット

多重債務を借入金で生産しローンを一本化を目指すのがおまとめローンです。おまとめローンは債務整理手続きとは異なり債務そのものを減少させることはできません。あくまでも借入先を一か所にまとめられるだけですが、いったいどのようなメリットがあるのでしょうか。

おまとめローンの大きなメリットは、低い金利でローンを組むことで返済負担を軽減させられる点にあります。おまとめローンの金利は金融機関によって異なりますが、消費者金融のキャッシング金利よりも低く設定されています。おまとめローンでローンを組んで高金利のキャッシングを先に返済してしまえば、それ以降はキャッシングの高金利に苦しむ必要はありません。もちろんおまとめローンの金利負担は発生しますが、キャッシングに比べて低金利なので結果的に返済総額を低く抑えることが可能です。

おまとめローンのもう一つのメリットは、債務整理のように制限が発生しない事です。借金の減額や放棄を伴う債務整理手続きの場合、新たなローンの借り入れや金融機関の利用に一定の制限が発生する場合があります。手続きによっては就業制限や財産の放棄も迫られますが、おまとめローンは単に新しくローンを組んで返済先を変更するだけなので法律上の制限は何も発生しません。

信用を失うどころか多重債務状態が解消されることで信用が高まりますから、日常生活に影響が及ぶ心配はいりません。住宅ローンや自動車ローンの借り入れに関しても、おまとめローンを利用して債務を一本化しておいた方が審査を通過しやすくなります。