キャッシングの審査について

キャッシングの審査について、多くの方が誤解しているのは収入が多くなければいけないと思っていることです。実際は収入の多さではなく、その収入が継続的に安定して入ってきているか、というところが大事になってきます。もちろん総量規制の関係で、年収が多い方が借りられる額も増えますが少額を借りるだけなら多さよりも安定がはるかに重視されます。

同じことが職業にも言えて、勤続年数が長い方が審査には有利なります。逆に何度も転職を繰り返していると信用度が落ちてしまい、審査に通過するのが難しくなります。持ち家の有無や引っ越しの頻度も審査の際に参考にされるようです。持ち家で家族がいる場合などは、急に連絡が途絶えるということの可能性がほとんどないためだと言われています。

そして当然、過去の取引で問題がなかったかも大事です。お金を借りてそのまま滞納した経験などがあると一気に不利になってしまうので注意が必要です。クレジットカードを持っている場合、その使用履歴もキャッシングの審査の際に貴重な信用情報となります。逆に言えば普段の日常生活から正しくクレジットカードを利用していれば審査が少し有利になるのです。

これらの他にも審査の基準となることはたくさんあるようですが、主になるのはやはり上記のことです。しかし特に難しいことはなく、普段から誠実に過ごしていれば審査を心配する必要もないと言えます。