総量規制対象外の借り方について

お金を借りる方法というのはいくつかあるのですがその中でも総量規制対象外とはとても重要です。代表的であるのが銀行になります。そもそもより細かくいってしまうのであれば銀行系以外はキャッシング、カードローンでは総量規制に引っかかるのです。ですから、総量規制対象外となりたいのであれば銀行系のカードローンを利用するとよいでしょう。

これが最もお勧め出来る方法であるといえます。お金を借りる、ということにおいては貸金業者から借りることと実は大差ないのです。金利に関しても昔は銀行系の方が安いとされていたのですが、今ではほぼ差はなくなっているといってもよいでしょう。

貸金業者としても既に少額小口の無担保融資の競争相手として銀行を意識しているのです。ですから、今ではそこまで金利差があるということはなく、あくまで業者間を比較したほうがよいでしょう。但し、どうしても総量規制外で借りるとなりますと銀行系にしないといけないのは間違いないことになります。

もう一つ、重要であることがあります。それは銀行系は総量規制外ではありますが審査が厳しめである、という傾向があるのです。それはよくよく理解しておきましょう。仕方ないことでもありますが申請する価値はあります。