総量規制対象外のキャッシングとは?

お金を借りるとなると気になるのが総量規制。

消費者金融での借入額が年収の3分の1までとする法律が壁となり、キャッシングが出来ないというケースがあるのです。

しかし、その総量規制対象外のキャッシングがあるというのはご存知でしょうか?
実は近年多くの商品がある銀行カードローンは、総量規制対象外なのです。

対象外ということは、既に年収の3分の1の借り入れがあってもキャッシングが出来る可能性があるということになります。

具体的に例を挙げますとイオン銀行カードローン。

最大800万円までの大口融資にも対応しており、年率は銀行ローンだけあって3.8%から13.8%とかなり低い設定です。
専業主婦やパートの方でもお申し込みが可能でありますので、かなり魅力的なカードローンと言って良いでしょう。

もう1つは新生銀行カードローンのレイクです。

こちらも銀行カードローンでありますので総量規制対象外となっており、即日融資や500万円までの大口融資にも対応しております。

大好評のキャンペーンである30日間無利息と5万円までならば180日間無利息を選択可能で、どんなキャッシングよりも金利が低く出来るという魅力を兼ね備えているのです。
さらにATM利用手数料が無料というのもレイクならではで、隠れたオトクポイントです。

そしてもう一つ、今度はキャッシング業者であっても総量規制対象外となる方法があります。

それがおまとめローンです。

こちらはプロミスやアコムにアイフルやモビットも対応しており、金利もおまとめローンとなれば通常のキャッシング金利よりも低めの設定となっております。

審査の段階で複数の業者から借り入れがあると伝え、返済能力があると認められれば大丈夫。
複数の業者への返済を一本化できますので、月々の支払額の軽減と総支払額の低減も期待できることでしょう。

このように、もう既に総量規制ほどのキャッシング残高があるという方も、まだ諦める必要はありません。
対象外のキャッシングを選んで、同時に多重債務からの脱却も目指して行きましょう。

▼ここも参考になります
プロミスなら土日申し込みできる※web完結で借り入れがバレない!
http://www.guidisrl1929.com/