総量規制対象のキャッシングと対象外のカードローン

消費者金融のキャッシングを利用するにあたって注意しておきたいのが総量規制の存在です。消費者が消費者金融のキャッシングなどを利用してお金を借りすぎないようにあらかじめ法律によって借りられる金額の上限を定めているのが総量規制なのですが、その上限は年収の三分の一までとなっています。

そのため、消費者はキャッシングやクレジットカードののキャッシング機能を利用して借りられる金額は自分の年収の三分の一までが上限となっています。もしも、ある程度のまとまった金額が急に必要になり自分の年収の三分の一を超える金額を借りたいという場合、消費者金融や信販会社、クレジット会社からは総量規制の存在があるので希望する金額を借りることはできないのです。ただし、銀行のカードローンの場合には総量規制の対象とはなっていません。

審査に通ることが前提となりますが、銀行のカードローンならば自分の年収の三分の一を超える金額でも借りられる可能性が残されているのです。これから先、自分の年収の三分の一を超えるような金額を借りるような機会が巡ってきたときには消費者金融のキャッシングではなく、総量規制の対象となっていない銀行のカードローンを申し込むようにしましょう。