在籍確認で職場にキャッシングへ申し込みしたことがばれる?

キャッシングに申し込むと、初回申し込み時は必ず本人確認と在籍確認をしなければなりません。

本人確認は、免許証をカメラで撮影した画像を提出するだけなので特に問題はないのですが、在籍確認に関しては職場にキャッシングに申し込んだ事がばれてしまうのではないかと心配される方も多いようです。

しかし、在籍確認だけでキャッシングの申し込みがばれる確率はかなり低いので心配する必要はありません。

ただし、在籍確認の電話を受け取った人によっては、「もしかして…」と怪しまれてしまう場合もありますので、そうならないためにも事前に在籍確認の電話がかかってくる事を職場の上司に告げておき、「実はクレジットカードに申し込んで…」とか「家族が新しく賃貸契約した時に保証人になったので管理会社から在籍確認が来る予定で…」などと予め予防線を張っておくと、変に勘ぐりをされる事もないのでより安心です。

キャッシング会社が在籍確認の電話をかけるとき、ほとんどの場合個人名を名乗ります。個人名ではなく社名でかけてほしいとお願いすると、新生銀行などと名乗ってくれるケースもあるようですが、事前に上司に相談しているのですから、どのような名乗りをされても不審がられることはないでしょう。

もし仮に、上司に何の相談もしない状態だと、本人の携帯ではなく職場にかけてきたことに対して疑問を持たれてしまう場合もありますので、必ず事前に在籍確認がある旨を伝えておくことだけは忘れないようにしましょう。